トヨタ・クラウンアスリート値引き 値引き商談の基本

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ベストグレードは、2.0アスリートS-T(FR・8速AT)\4,584,600
値引きの目標額は26万円!

 

基本は、値引き額をセリに掛ける要領で上乗せさせていくことです。

 

多くのユーザーにとって、クルマの購入商談で最も大切なことは

値引きの拡大ですよね。

 

新車の購入は軽自動車でも100万円以上の高額ですから、

交渉で数万円の違いは大きいですね。

 

出来ることは全部やっちゃいましょう!

 

ここでは基本的なことをお伝えします。

 

(1)販売店が値引きしやすい時期があります。

それは、3月の決算フェア、9月の中間決算フェア。

共にメーカーや販売会社の決算にも関係するから値引きを増やしやすいです。

 

(2)販売店側から見ると値引きには販売促進の効果があるので、
発売直後は値引きが少なくても売りやすいけど、時が経過して人気が下がると、
逆に値引きをしないと売りにくくなります。

 

(3)競合をさせましょう。
販売店も売ってなんぼですから、競合を持ち込まれると頑張ります。
クラウンは高級車ならではの次のポイントです。

 

・ターボはスカイラインをメインに、

マークX、ベンツ・Cクラスや、BMW・3シリーズと競合をさせましょう。

 

・ローンを使うなら「海外メーカー車は金利が低い」と営業マンに

プレッシャーを掛けましょう。

 

・本体値引きはそこそこ拡大しているので、用品値引き、

下取り査定額の上乗せでダメ押しを進めると良いでしょう。

 

限界値引き額目標は、26万円です。

 

(4)買取店と下取りの競合
下取りは販売店が新車を売るために行うサービスの一環で、

買取りはそれだけを行うことで、買取り専門店が主に行い、

さまざまな業者が参入しています。

 

詳しくは次回に説明します。




自動車 ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
リンク集
ブログランキング
メタ情報