トヨタ・クラウンは日本の高級セダンの王道



【ピンククラウンから始まった】

ピンククラウンは、2013年にもっとも話題になったクルマです。
クラウンは日本の高級車の象徴として50年以上も君臨してきた文字通りでの「王様」です。

それだけになぜショッキングなピンクカラーをまとって登場したのでしょうか?

そして日本の自動車業界を活気させることが出来たのでしょうか?

このブログでは、ピンククラウンをきっかけに、

トヨタ車はじめ日本のクルマの魅力と歴史に興味を持って男子として

日本車の素晴らしさを綴っていきたいと思います。

【トヨタを代表する老舗セダン】

トヨタ・クラウンは、トヨタを代表する老舗セダンです。
現在は、その伝統を受け継ぐ、豪華で乗り心地指向のロイヤル系、
それに対し、若々しくスポーティな新時代のクラウンを模索したのアスリートがあります。

王道のロイヤルは、日本人の好みに合わせた絶妙な味付けが光る高級セダンです。
その歴史は60年を超えます。まさに日本の自動車の発展と重なります。

現行モデルのパワーユニットは、2500cc・V6ガソリンと、2500cc・直4+モーターの
ハイブリッドで、販売の中心はハイブリッドです。

先ごろの改良で、歩行者も検知するトヨタセーフティーセンスPを全車に標準装備しました。

一方アスリートは、ロイヤルとの違いは外観以外には、エンジンにあって、2000cc・直4ターボと3500cc・V6はアスリートだけのものです。
ただし売れ筋は、ロイヤルと同じく2500ccハイブリッドです。

安全に対してもロイヤルと同じくトヨタセーフティーセンスPを全車に標準装備しています。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする