トヨタ クラウン(初代)のドアは観音開き

トヨタ クラウン(初代)が発売されたのが、
1955年(昭和30年)のこと。

45年の敗戦から10年、日本は徐々に近代化に向かいます。

この年、電気洗濯機、電気冷蔵庫、テレビが「三種の神器」と呼ばれるようになりました。

またロカビリーが流行り、ビキニスタイルが登場した年でもあります。

しかし、まだまだ日本髪結う女性も多かったのでしょうか、
初代クラウンのドアは、日本髪の女性の乗り降りを考慮して
観音開きでした。

ドアは開いた位置で停止するストッパー機構も装備されていました。

日本人による日本人のための第一号のクルマですので、
細部に日本人ならではの配慮が生きていました。




自動車 ブログランキングへ

クリック応援お願いします。